「みらい」につながる
アイデアを
カタチにするプロジェクト

3F はこだてみらい館 より
おしらせ





今年のはこだてみらい館の夏企画は、
”海と夏休み”
をテーマに
「Enjoy the beautiful sea~海とデジタルの融合体~」を開催。
この夏は、先端技術で再現されたきれいな海を楽しもう!

常設コンテンツなどの詳しい情報は、こちらから!!





7月開催イベントの情報を公開いたしました。
※イベント情報詳細は各ページもしくはこちらをご覧ください。

また、イベントへの参加申込方法につきまして
申込前にこちらをご確認ください。








はこだてみらい館の大人気コンテンツ
横幅14.5m、高さ2.5mの巨大高精細LEDディスプレイ「メディアウォール」。
函館の景色や画面いっぱいに現れるイカの映像、身体を動かしながら遊ぶゲームなど、
さまざまな映像でお楽しみいただけます。

※機材のメンテナンスやイベント開催等の為、
予告なく上映スケジュールが変更される場合もございます。
予めご了承ください。








はこだてみらい館では、5匹のペットロボット「aibo」が暮らしています。
開館時間中は、コーナー内で自由に暮らすaiboに声をかけてコミュニケーションが取れるほか、
時間によっては、直接触れて遊べるプチイベントも開催しています。
aiboの飼い主さんも、是非、みらい館のaiboと交流してみませんか?

5匹のaiboたちと一緒に、スタッフ一同お待ちしております!
※aiboの入院や、他イベント開催等の為、
イベントのお休みや、aiboが不在となる場合もございます。
予めご了承ください。






現在、平日限定でシアターを開放しております。
勉強や作業を行うコワーキングスペースとしてご活用ください。
また、2024年7月9日(火)~2024年8月26日(月)までの間は、
夏企画展準備・開催・撤去のため、ご利用いただけません。

予めご了承ください。

※イベント設営・開催・撤去等の為、ご利用いただけない場合もございます。
予めご了承ください。
※会議室としての貸し出しは承っておりません。
 またWeb会議の際は、テラスにご用意したスペースをご利用ください。

■利用料金:無料(入館料別)  ■Wi-Fi・電源利用可
■延長コード貸出有  ■お得なカップドリンク有  ■同時に最大20人まで利用可








バーチャルで施設内を閲覧できるようになりました。
施設内のコンテンツや設備などを見てまわることができ、
まるでその場にいるような体験ができます。


virtual image

トピックス
2023.06.17(土)ぽてん様でインタビュー取材されました!
インタビューページはこちら
注目イベント!
4F キッズプラザより
おしらせ
◇次回休館日◇


◇【VRはこだてキッズプラザ】の公開◇
バーチャルで施設内を閲覧できるようになりました。
施設内の遊具や玩具、設備など見て回ることができ、
まるでその場にいるような体験ができます。



virtual image



トピックス

◆『7月お誕生日会』◆
7月14日(日)
①12:00 ②15:00

ハッピーバースデー♪
みんなで7月生まれのお友だちを祝って、
イベントを楽しんじゃおう!
【料金】無料(入場料別)
【対象】7月生まれの子
※イベント自体は誕生月以外の
お子様も参加できます。

≪7月お誕生日会詳細≫



◆『寝相アートカレンダー』◆
7月22日(月)
10:30~11:00

大人気の寝相アートカレンダー!
『海』をテーマに、かわいいカレンダーを作ります!
【定員】15名(定員になり次第受付終了)
【対象】0歳~1歳11か月の子
【料金】無料(完全予約制/入場料別)
▼必ず詳細をご覧ください▼

≪寝相アートカレンダー詳細≫




◆『メモリアル手形アート』◆
7月20日(土)
10:30~11:00

お子さんの手形、体重、身長が
素敵なメモリアルアートになります!
今回のテーマは『たなばた』です♪
【定員】15名(定員になり次第受付終了)
【対象】0歳~小学6年生の子
【料金】無料(完全予約制/入場料別)
▼必ず詳細をご覧ください▼

≪メモリアル手形アート詳細≫





※イベントは、予告なく内容等を変更する場合がございます。予めご了承ください。


◆YouTubeチャンネルはこちら!◆
はこだてキッズプラザ公式チャンネル

本日のイベント
読み込み中... 読み込み中...
イベント案内
オドロクチカラ

育てよう!

「はこだてみらい館」と「はこだてキッズプラザ」は
函館の街の明るい未来につながるアイデアを
みんなで実現するプロジェクトです。

こどもたちの「オドロクチカラ」を育て、未来のトビラを開いてもらうこと。
函館を中心とした地域の交流を目的としています。

コンセプトについて